動きと静けさが共存する家

お客様の声私たちが思い描いていたイメージが形になりました。
お互いが仕事の関係で帰宅時間が違ったり、忙しい時期が変化するため、書斎はそれぞれが自由に時間をつぎ込める場所、そして寝室・LDKは仕事を持ち込まない共有の空間という区切りが快適です。
本を探したり、読んだりするための照明がよかったです。
 

  • before
  • 動きと静けさが共存する家after